SOLA(ソラ)は「日本の農業に一生を賭ける!」を合言葉に、農業に関心の高い学生が集まった学生委員会です。

お知らせ

ジャパンフードフェスタ2012に参加します!

ジャパンフードフェスタ2012の農林漁業学園ブースにSOLAが出店することになりました。SOLAのブースでは、農家の八百屋PRプロジェクトの一環として、さまざまな野菜や果物の販売を行います。みなさまぜひお越しください。

概要

現在進行中の農林水産省主催の2012年一大企画、「食と農林漁業の祭典」が11月からクライマックスを迎えます。その第1週目のイベントとして、丸の内を占拠して「ジャパンフードフェスタ2012」が行われます。その中の一画に、全国から農業系の学生団体が出展する「農林漁業学園」があります。SOLAは、その「農林漁業学園」に出店することになりました。

日時

2012年11月3日(土)〜4日(日) 11:00〜16:00

場所

東京・丸の内仲通り、有楽町駅周辺 >>全体エリアマップ
SOLAの出店場所は、下図のA地点です。

大きな地図で見る

販売品目(※以下は予定です。)

・新潟産コメ(コシヒカリ)
・佐賀産レモン
・長野産ブドウ(シャインマスカット)
・長野産ブドウ(ピオーネ)
・茨城産ニンニク
・青森産黒ニンニク
・神奈川産ウメ梅干
など多数

食と農林漁業の祭典とは

「食と農林漁業の祭典」は、生産者と消費者、日本と世界の絆を深めることで、我が国の農林漁業・食品産業・農山漁村がもつ素晴らしい価値を広く国民・世界に伝え、ジャパンブランドの再構築を図ることを目的として、2月のキックオフイベント以降、日本の農林漁業等の持つ可能性がアピールできる参加イベントを開催してきました。
「食と農林漁業の祭典」〜生産者と消費者、日本と世界を結ぶ〜(農林水産省)

ジャパンフードフェスタとは

「ジャパンフードフェスタ2012」は、11月〜12月に集中開催される「食と農林漁業の祭典」の第1週目イベントとして開催される、全国の農林水産物が一堂に会する見本市と、楽しい体験ができる食の祭典です。
フードフェスタ2012
「食と農林漁業の祭典」に係る「ジャパンフードフェスタ2012」の開催について(農林水産省)


農林漁業学園とは

ジャパンフードフェスタで行われる企画の1つです。食と農林漁業に関して活動を行う学生団体(北海道〜九州にまたがる計28団体)が東京に集まり、各団体の活動で得られた農・海産物を販売するとともに、活動成果の展示などを行います。一次産業関係の全国規模の学生イベントとしては全国初の取組です。農林漁に熱い全国から集結した学生が、つながり、担い手として1次産業の未来を発信します。
食と農林漁祭学生実行委員会〜田畑と森と海でつながる学生団体「いろり」〜