SOLA(ソラ)は「日本の農業に一生を賭ける!」を合言葉に、農業に関心の高い学生が集まった学生委員会です。

お知らせ

儲かる農業の作り方〜大学生から始める農業ビジネス入門〜


あなたがイメージする「農業」とはどのようなものですか?


ダサい?儲からない?よくわからない?…

そんな農業に抱きがちな誤解や疑問に、農業界のトップを走る2人がお答えします!
そしてそんな農業の現実にいち早く気づき、自らアクションを起こしている学生団体も紹介します。


今まであまり語られることのなかったリアルな農業の実態と可能性。あなたの知らなかった農業ビジネスの世界がここにある!


農業ビジネスに興味がある大学生は勿論、就活生、農業に関して、何か新しいことを始めてみたい大学生まで、必見です。

《企画内容・登壇者紹介》


◇第一部:対談(トップが語る農業ビジネスの可能性)

農業界をリードする農業生産法人社長と東大教授の2人が、農業の実態について分かりやすく解説!
儲かる農業のビジネスモデルや農業の可能性に関して熱く議論!
農業に対する誤解を解消し、農業へのイメージを一新します。


◆登壇者

嶋崎 秀樹氏(有限会社トップリバー代表取締役社長)
1959年長野県生まれ。1982年日本大学を卒業後、北日本食品工業(現ブルボン)に入社。1988年ブルボンを退社し、佐久青果出荷組合に入社(後に社長就任)。
2000年農業生産法人『トップリバー』を設立、9年で年商10億円の企業に育て上げる。
「農業をマネジメントする」という発想で、儲からないといわれた農業を「儲かるビジネス」として実証し、後進を育てながら、講演・TV・著作等で日本の新しい農業のあり方を提言し続けている。
著書に『儲かる農業-「ど素人集団」の農業革命』(竹書房)


生源寺 眞一氏(東京大学農学部長・大学院農学生命科学研究科長)
1951年愛知県生まれ。東京大学農学部農業経済学科卒業。
農林水産省農事試験場研究員、同北海道農業試験場研究員、東京大学農学部助教授を経て、東京大学大学院農学生命科学研究科教授。2007年から現職。専攻は農業経済学。農学博士。
食料・農業・農村政策審議会委員、国土審議会委員、日本フードシステム学会会長等を歴任。
著書に『現代日本の農政改革』(東京大学出版会、2006年)、『農業再建』(岩波書店)、『新版よくわかる食と農のはなし』(家の光協会)など多数。

◇第二部:パネルディスカッション(若者から農業を変えるには何が必要か?)

嶋崎社長・生源寺教授という農業ビジネス・農業経済学のプロフェッショナルに対して、学生が、自分たちの取り組む農業ビジネス、農的活動をぶつけます。
プロフェッショナル2人に学生を交えて、農業に対する若者の取り組みの可能性についてざっくばらん語って頂きます。


◆パネリスト

・嶋崎 秀樹氏
 (有限会社トップリバー代表取締役社長)
・生源寺 眞一氏
 (東京大学農学部長・大学院農学生命科学研究科長)
・岡田 桃子さん
 (TeamLAP:東京大学大学院 農学生命科学研究科 森林科学専攻 修士1年)
・風間 正利さん
 (KOOGA、農環境マネジメント研究会会長:東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 修士2年)
・高松 正典さん
 (KOOGA代表:筑波大学 生命環境学群 生物資源学類 3年)
・中司 章洋さん
 (日本の農業に一生を賭ける!学生委員会(SOLA)代表:東京大学経済学部経営学科3年)

《日時・場所》

 10月24日(日)15:00〜17:00(その後1時間ほど交流会。その後懇親会あり)
 東京大学 本郷キャンパス 赤門総合研究棟第6教室


《プログラム》

 14:30〜15:00 受付
 15:00〜15:40 第一部:対談(トップが語る農業ビジネスの可能性)
 15:40〜16:30 第二部:パネルディスカッション(若者から農業を変えるには何が必要か?)
 16:30〜17:00 質疑応答
 17:00〜18:00 交流会
 その後18時から懇親会を予定しております。


《参加費》

 第一部・第二部:無料
 懇親会参加:2,000円


《募集人数》

 200人(定員になり次第締め切りますのでお早めにお申込みください。)


《お申し込み・お問い合わせ》

 下記URLからお申し込みください。
 》http://kazama.tv/apply.html
 ※お問い合わせは下記までご連絡下さい。
 担当:風間 tr.committee1024@gmail.com

《主催団体》

日本の農業に一生を賭ける!学生委員会(SOLA)
2006年設立。「今、自分たちが」を合言葉に、農業生産から、農産物の移動販売、八百屋の運営、食育イベントなど、様々なプロジェクトを興し活動している。
メンバーは東大、農大、東京家政大、農工大、千葉大、女子栄養大など多様。
URL:http://www.sola2006.net/


TeamLAP
2007年、茨城県行方(なめがた)市の地域活性化を目的として始動。毎月1回の農家研修に加え、10aの畑を借りて生産、さらに加工・販売・イベントなどを通じて農業の実践と発信をしています。
農業の素人であるさまざまな大学の学生が、「農業の現場」にこだわり、楽しく活動を続けています。
URL:http://teamlap.net


KOOGA
2009年4月から本格始動。「ムラのこし」をテーマに、千葉県富津市金谷大沢集落で、住民の方々と一緒に日々の農作業のお手伝いや集落独自の加工品作りなど、様々な取り組みを行っています。
地域の抱える問題に現場目線で取り組みたい人にはうってつけのサークルだと思います。
URL:http://koogaoosawa.web.fc2.com/


農環境マネジメント研究会
2009年始動。農業,環境問題そしてマネジメントに関心のあるメンバーが集まって発足した会です。社会人も交えて不定期に居酒屋などでまったりと「農業」、「環境」、「経営」や「組織論」など幅広い分野の議論を行っています。
URL(代表者HP):http://kazama.tv/