SOLA(ソラ)は「日本の農業に一生を賭ける!」を合言葉に、農業に関心の高い学生が集まった学生委員会です。

日本の農業に一生を賭ける! 学生委員会 SOLAとは

設立経緯

現農林水産省職員である東京大学の学生2人が社会に対して農業でアクションを起こしていくべく、メンバーをSNSのmixiを中心に呼びかけて集め、2006年12月22日に立ち上げました。当時東京大学には農業サークルがありませんでした。
顧問は名古屋大学大学院教授(旧東京大学大学院農学部長)、生源寺眞一先生にお務めいただいています。

メンバー

SOLAのメンバーはその名の通り「日本の農業に一生を賭ける!」という言葉を合言葉に、農業に関心の高い学生が集まった熱い団体です。
現在のメンバーは、東大、農大、家政大、農工大、首都大、立教大、明治大の学生と、農業に携わる、或いは関心の高い社会人で構成されています。
農業系はもとより、家政系や経済系の学生まで、さまざまな専門を持った学生で構成されている点がSOLAの最大の特徴です。

活動

SOLAは、多くの新たな可能性を探求し、それを社会に対して発信することによる“可能性の提示“を行っていくために、いくつかのプロジェクトに分かれて活動しています。プロジェクトは、農・食・環境など、様々なメンバーの専門性を活かした食農体験イベントなどのSOLA独自のものを行っています。
全体の活動としては、月2〜3回のミーティングと勉強会を定期的に行っています。


また、よりよい活動を行っていくためにプロジェクトの開始時と終了時に社会人の方に対して報告会を実施し、活動に対してのご意見をいただいています。最近では、報告会に お越しいただいた社会人の方が勉強会を開催していただいたり、イベントや関連団体をご紹介いただいたりしています。